不人気IPO銘柄の西武ホールディングスの公開価格

株価の予想というのは非常に難しいもので、簡単に当てることができるのであれば誰でも大きく儲けることができてしまいます。
そのため、どのような株であっても値段を予想するのは難しいものなのですが、特にそれまでのデータが存在しないIPOのような銘柄であればなおさら予想は難しくなってしまいます。

ただし、IPOの銘柄に関しては予想しやすい部分もあり公開価格を上回るかあるいは下回る可能性があるのかということは予想の付けやすい物となっています。
特に公開価格を上回る可能性の高いものに関しては、前評判によってかなりの精度で当てることができ特に初値高騰が間違いないようなプラチナIPOなどのような銘柄の場合には初値がいくらつくか予想ができなくとも公開価格を割れないとは予想をつけることができます。

これは基本的に公開価格がディスカウント価格で設定されていることや、企業の将来性に対して非常に少ない資金調達であった場合、明らかに同業他社よりも割安感があることから買いが集まりやすくなることです。
しかし、そのようなIPOにあっても西武ホールディングスのように公開価格を割れることが、濃厚だと予想される銘柄というのもあります。
西武ホールディングスは再上場案件であり、IPOとしても超大型であったため需給の関係的に初値は非常に厳しいものだと考えられてきました。
そのため、西武ホールディングスの上場時には公開価格割れも確実視されていたのですが、実際には公開価格と同値の1600円で初値がつくことになったのです。
このようにIPOの初値を当てるというのは非常に難しいもので、公開価格を割れると予想されるものであっても思いのほか上昇することもあるのです。

ページトップへ