IPOの当選はバーナーぐらいに熱い確率

人気のIPOというのは世間の注目度も高く、バーナーで加熱したかのように初値が高騰することがあります。
そのため、公開価格でそのようIPOを手に入れることができれば、労せずして大きな利益を手に入れることができるということになるのですが、問題はこのようなIPOに当選する確率というのもバーナーのようにかなりホットなものとなっています。

IPOの申込というのは金銭的な負担がかからずに誰でも参加をすることができますから、当たれば儲けものという気持ちで参加をする人が数多くいます。
しかも、現在ではネット上から簡単な操作で申込みをすることができますから、手間もかからずに申込みをすることができるので何万人という人申込みをすることになります。
それに対してバーナーで加熱したかのような初値高騰が見込めるIPOともなれば、配分は数枚ということも珍しくありませんから、当選確率に関しては一万分の一程度しかないということも珍しくありません。
そこまで確率が低くないにしても千分の一、百分の一程度は当たり前でどれだけ申し込みをしてもなかなか当選をする機会に恵まれないということは多いものです。
それでも長い間申し込みを続けていて、複数の証券会社の口座を作って地道に申し込みを続けていればある時超ど級の大当たりを引くということもありえるわけですから、IPOを是非とも公開価格で手に入れたいと考える時にはまず地道に抽選に参加をすることが重要なポイントとなります。
どれだけ低い確率であっても参加をすればわずかな可能性が見えてくるわけですし、逆に参加をしなければ確率はゼロとなってしまいますから、どうにかしてIPOを公開価格で手に入れたいと思ったらまずは参加をすることが大切です。

ページトップへ